宇宙探し散歩Part1~多摩地区編~

散歩

この記事は掲載から1年以上経過しています。情報が古いことも考えられますのでご注意ください。

こんにちは。全国リレー記事、はやくもこんなところまで回ってきましたようで…関東支部の南香里です!

今回は、少し脇道に逸れまして、「宇宙探し散歩Part1 多摩地区編」(…2以降があるのかはわかりません)ということで東京の多摩地区にある宇宙関連施設をめぐって来ましたので、①国立天文台三鷹キャンパス②調布航空宇宙センターの2つを紹介させていただきます!

①国立天文台三鷹キャンパス

国立天文台外観

歴史が感じられる看板。(著者撮影)

夜空を見上げてみる。都会の空は濁っていて、月と惑星が見えるだけ。
もっと星を見たい!そんな時は国立天文台の星空観望会はいかがでしょうか?
普段、実際に研究に使われている50センチ反射望遠鏡で、季節の星雲や、惑星を見ることができます!月に2回ほど予約制で無料の観望会が開催されています。東大の方がその日の星空の解説をしてくれたり、望遠鏡の質問に答えてくれたりと、とても充実した時間を過ごせると思います。

望遠鏡

照る照る坊主がぶら下がってます(笑) 著者撮影

(私が行った日は曇りで望遠鏡見学だけでした。てるてる坊主くん…もうちょっとだけ頑張ってほしかったな)

予約はこちらから→https://prc.nao.ac.jp/stargazing/

実際に研究に使われている部屋なので、壁一面にラクガキ…というか必死のメモが。よく見ると1997年○月なんて記述があったり。私が生まれる前です!なんだか天文学の時の重なりや空気を感じますね。

また、観望会のもうひとつの楽しみは、研究員のみなさんのお話が聞けること!
わたしが訪ねた日はたまたま重力波の発表があった日だったので、KAGRAの関係者さんが興奮気味にお話してくださいました。

さて…

国立天文台が面白いのはなにも暗くなってからだけではありません。昼間はかつて使われていた赤道儀室や展示室を見学できます。

夜空を見上げる。私たち人類はどこから来て、どこへ行くのだろう。宇宙人はいないのだろうか…。夜空を玄関として、人びとが天文学や宇宙に興味を持つのは今も、昔も変わりません。昔の人の星を観察する工夫と努力の結晶を感じることができます。夜空に思考を飛ばしたついでに次は過去に思いを馳せてみるのも楽しいかもしれません。

望遠鏡

著者撮影

国立天文台三鷹キャンパス

http://www.nao.ac.jp/access/mitaka/

アクセス>>

JR武蔵境駅→3番バス乗り場→天文台前(小田急バス)
京王線調布駅→調布駅北口11番バス乗り場→天文台前(小田急バス)

公開日時>>

年末年始期間を除く毎日午前10時から午後5時。入場は午後4時30分まで

また、江戸時代の天文学に興味があるあなたはこちらもどうぞ

国立科学博物館特別展

https://www.kahaku.go.jp/event/2015/12shibukawa/

②調布航空宇宙センター

JAXA正面看板

JAXA正面看板(著者撮影)

現在、日本の宇宙産業の先陣を切っているJAXA。筑波や相模原が有名ですね。じつは、調布にも施設があるのをご存知ですか?ここには主にJAXAが開発してきた飛行機の模型や試験に使用された実機があります。

HOPEのお兄さん格のALFLEXくんや、日本が開発しSTOL機飛鳥に使用されたエンジンなど宇宙好き、JAXA好きのみならず、有翼機マニアのあなたや、航空ファンのあなたにもオススメします!

ALFLEX

NASDA時代のALFLEX(著者撮影)

さらに、ここでは見るだけではなくさまざまな体験もできます。例えばスペースプレーンのパイロットになりきって月面まで行って帰ってきたり(ちなみにシミレーションとはいえ、着陸に失敗することもあるそう。どうなるのでしょう)、YS-11のコックピットに座ったりできます。

YS-11コックピット

航空ファン憧れの国産旅客機YS-11のコックピット(著者撮影)

また、展示室の職員さんは気さくな方が多いので、たくさん質問を投げかけてみましょう!!わかりやすく解説をしてくださいますよ。私なんてなんども行くうちに仲良くなってしまいました(笑)

ただし、土日祝日は開いていないので学生の皆さんはご注意を!

調布航空宇宙センター

http://fanfun.jaxa.jp/visit/chofu/index.html

開館日時>>

平日10:00〜17:00


 

いかがでしたか?今回ご紹介させていただいた国立天文台から調布航空宇宙センターまでは歩くことができる距離です。このあたりは公園や緑も多く晴れた日に散歩するのにもってこいです!
他にも世界一のプラネタリウムを誇る多摩六都科学館など、多摩地区には興味をそそられる施設がたくさんあります。これから春休み、是非訪れてみてはいかがでしょうか。

宇宙探し散歩Part1~多摩地区編~」への1件のフィードバック

  1. 匿名

    私は今回紹介された場所を1日で廻ったことがあります!私のお勧めは、国立天文台の大赤道儀室の1階(観測床下)です。写真乾板時代のレトロでかなりごつい観測機器が並んでいます。私のようなアンティーク好きにはたまりません。

    返信

コメントを残す