ロケットもリサイクルの時代~SpaceXの挑戦〜

この記事は掲載から1年以上経過しています。情報が古いことも考えられますのでご注意ください。

今回はアメリカの民間企業、SpaceXが運用するファルコン9というロケットについて書きます。

はじめに、現在打ち上げられている衛星打ち上げロケットはすべてが使い捨てです。そのため一回あたりのコストが高くつき衛星打ち上げまでのハードルを上げる主な原因になっています。そこで、SpaceXはロケットの二段目までを宇宙に運んだあと、一段目を地上に着陸させて整備し繰り返し使おうと考えました。そうすることでコストは従来の100分の1にまで減少するとSpaceXは試算しています。
12193276_439486622922385_7562520875756385092_n
参考図1:地上への着陸を行う想像図

その考えを実行に移すために開発されたのが、ファルコン9です。搭載した衛星が軽いときに二段目までを運んだあと一段目を制御し逆噴射させたり着陸脚を展開したりといった実験を繰り返し行いました。

そしてついに14、17号機で海上ドローン船(図2)への回収を目標にした実験を実施しましたが、どちらも失敗しています。が実験はこれからも繰り返し行われるため次回の打ち上げにでも、成功するかもしれません。

<追記 2015/12/22>

Space-XのFalcop9が第一段ロケットの着陸に成功しました!

12193830_439486662922381_8415061149547242634_n

次の打ち上げは今月の下旬から来月の上旬を目途に予定されていると聞きます。更に次回の機体はエンジンを換装(参考図3:燃焼試験中のマーリン1D)し打ち上げ能力を増強した改良型ファルコン9であるため期待は大きいです。回収実験も行うとのこと。心ときめきますね。

12189857_439486689589045_7800488511057318152_n

またSpaceXのYoutubeチャンネルではイカす動画がたくさん投稿されています。ぜひどうぞ。

https://www.youtube.com/user/spacexchannel?gl=JP&hl=ja

全国リレー記事第2回は時川さんの様です。お楽しみに。

図の出展 flickr SpaceX Photos https://www.flickr.com/photos/spacexphotos/
SpaceX HP  より

コメントを残す