高校生向け宇宙教育プログラム[リレー記事2019-2020 Vol.2]

高校生向け宇宙教育プログラム[リレー記事2019-2020 Vol.2]

こんにちは,今回のリレー記事では九州支部の敷田が高校生向けの宇宙教育プログラムに関してご紹介します.今年度の募集は終わってしまいましたので来年度以降,ぜひ応募してみてください!

 ・きみっしょん

主催機関: JAXA宇宙科学研究所,JAXA宇宙教育センター(共催)

応募開始時期: 例年4月から5月(結果発表は6月)

開催時期と期間: 例年7月末から8月初頭までの4泊5日(合宿)

参加費: 交通費および食費自己負担,宿泊費および国内旅行傷害保険料はJAXA負担

 きみっしょんは言わずと知れた高校生向けの宇宙教育プログラムの一つに挙げられます.このプログラムでは4日間で一つのミッションを提言し最終日にJAXAの研究者へのプレゼンを行います.JAXA宇宙科学研究所とJAXA宇宙教育センターの共催によりJAXA相模原キャンパスで実施されており,理学系,工学系共に学ぶことができます.

きみっしょんHP: http://www.isas.jaxa.jp/kimission/

 ・エアロスペーススクール(旧スペーススクール)

主催機関: JAXA宇宙教育センター

応募開始時期: 例年4月から6月

開催時期と期間: 2泊3日から4泊5日(開催時期はイベントにより異なる)

参加費: 20000円から40000円程度(イベントにより異なる)

 エアロスペーススクールは毎年高校生の夏休みに合わせて全国のJAXAの施設と周辺施設において開催される合宿形式のプログラムです.年により異なりますが例年次のような場所で開催されます.()内は関連する分野.

大樹エアロスペーススクール:北海道・大樹(大気球,農業)

角田エアロスペーススクール:宮城県・角田(燃焼,エンジン)

調布エアロスペーススクール:東京都・調布(航空技術)

名古屋エアロスペーススクール:愛知県・名古屋(航空宇宙)

筑波エアロスペーススクール:茨城県・つくば(衛星開発)

種子島エアロスペーススクール:鹿児島県・種子島(ロケット)

2019年11月のリレー記事Vol.1で名古屋エアロスペーススクール2019について紹介しています.

是非参照ください! (http://www.spica.jp.net/relay/%e9%ab%98%e6%a0%a1%e7%94%9f%e3%81%ae%e5%a4%8f%e4%bc%91%e3%81%bf%e3%80%81%e5%ae%87%e5%ae%99%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%81%ab%e8%a7%a6%e3%82%8c%e3%81%9f%e6%9c%80%e9%ab%98%e3%81%ae4%e6%97%a5%e9%96%93/)

JAXA宇宙教育センターHP: http://edu.jaxa.jp/

 ・もしも君が杜の都で天文学者になったなら(通称:もし天)

主催機関: 東北大学,宮城教育大学,仙台市天文台(共催)

応募開始時期: 例年7月から10月(結果発表は11月)

開催時期と期間: 12月終盤(1週間程度)

参加費: 10000円

 もしも君が杜の都で天文学者になったなら,通称「もし天」は例年年末に開催される天文系(理学系)のイベントです.仙台市天文台に設置された望遠鏡を用いて実際に天文学の研究を行い最終日に研究発表を行います.専門的な知識を身に付けたい方は必見です.

もし天HP: https://www.astr.tohoku.ac.jp/MosiTen/

 ・ロケットガール&ボーイ養成講座

主催機関: 千葉工業大学(首都圏),和歌山大学(関西)

応募時期: 5月末まで(2019年度首都圏版)

開催時期と期間:6月から11月(例年およそ半年)

 ロケットガール&ボーイ養成講座は名の通りロケットに関するプログラムです.高校生がチームを組みハイブリッドロケットを作成します.6か月という長期のプログラムを通じてプロジェクトマネジメントや燃焼,設計など各々が専門的な知識を身に付けることができます.近年の首都圏版では洋上での打ち上げなど挑戦的な内容が実施されています.

ロケットガール&ボーイ養成講座(首都圏版)HP: https://www.it-chiba.ac.jp/rocket/rokega.html

ロケットガール&ボーイ養成講座(関西版)HP: http://web.wakayama-u.ac.jp/ifes/rgb/index.html

 ・宇宙教育プログラム

主催機関:東京理科大学

応募開始時期: 例年4月から.5月末に結果発表(2次選考は6月に実施)

開催時期と期間: 6月から翌年3月まで

 宇宙教育プログラムは東京理科大学で開催される通年の教育プログラムです.高校生と大学生とが参加し,講義,実技,体験,演習を通じ工学理学様々な知識を身に付けます.このプログラムで特筆すべきは実技体験の充実度にあり,例として微小重力下での実験やCANSATの作成,実験が挙げられます.ときどき講義は一般公聴者を募集しています.応募する前に雰囲気を知りたい方などはぜひ参加してみてください.

宇宙教育プログラムHP: https://www.tus.ac.jp/uc/

・KIMOTSUKI SPACE CAMP

こちらは株式会社リバネスなどによって開催されている不定期のキャンプです.鹿児島県肝付町で宇宙開発に関して体験,学習する機会が提供されています.

次回,このKIMOTSUKI SPACE CAMP参加者のリレー記事を掲載します!

以上が高校生向けの宇宙教育プログラムです.他にも不定期に開催されるものもありますのでSPICAのイベント情報などを確認してください.

それでは次回もお楽しみに!

執筆:敷田

投稿:敷田、六尾

———————————————————————————————————————————–

学生宇宙団体SPICAとは、Space Problem Interpersonal Communicable Academyの略称で、全国の高校生・大学生が所属しています。

このリレー記事は、全国のメンバーが参加したイベントの内容や、経験したことを紹介していきます。またその他に、宇宙に関する時事ネタ解説なども行っていきます。

宇宙に興味のある人は、下記HPのメールアドレスより連絡ください!

一緒に宇宙について語りましょう!!

・学生宇宙団体SPICA 公式HP: http://www.spica.jp.net/what/

・問い合わせメールアドレス: posting.spica@gmail.com

・公式Twitter

@spica_public