第4回 「皆既月食!!」

この記事は掲載から3年以上経過しています。情報が古いことも考えられますのでご注意ください。

こんにちは!第4回リレー記事を担当する技術局の佐藤大哲です。

夏も終わり、冬の足音が聞こえつつある今日この頃ですが、ビッグなイベントが近づいています。それは…

10月8日、日本全国で皆既月食!

そもそも月食とは何かというと、地球の影に月が入り太陽からの光が月に直接当たらなくなる現象のことで、真っ赤に染まる月が印象的です。
月が真っ赤に染まるのは、地球の大気で屈折した赤みを帯びた太陽の光が月に届くからで、これこそが皆既月食の一番の見所と言っていいでしょう。双眼鏡などで見ると神秘的な色合いの美しさに感動することうけあいです。

今回の月食は観測の上でも条件が良く、曇りさえしなければ、日本全国で月食のはじめから終わりまで見ることができます。地域によって月の高度に差はあるものの、皆既月食の見える頃の月の高度は十分に高いので東から南の空が見える場所であれば何処でも観測できると思います。

更に、詳しく観測したい人にとってありがたいのが、皆既月食継続時間の長さ。今回はなんと1時間もあります。これなら、望遠鏡で眺め写真を撮りスケッチをしても時間があまりそうです。夏の終わりの一大イベント、時間をかけてゆっくり存分に楽しみましょう!

今回の月食の詳細は以下の通りです。
・欠け始め・・・18時15分
・皆既月食の始まり・・・19時24分
・食の最大・・・19時54分
・皆既月食の終わり・・・20時24分

ところで、この食真っ只中の月のすぐそばに輝く5.4等の星が目立って見えるかもしれませせん。これは衝を迎える天王星です。まだ天王星を見たこと無い!っていう方は探してみてください。

国立天文台やアストロアーツなどのサイトではでは特集ページも用意されていますので、詳しく知りたい方はご覧になってみてください!
国立天文台特集ページ
http://www.nao.ac.jp/astro/sky/2014/lunar-eclipse.html
アストロアーツ特集ページ
http://www.astroarts.co.jp/special/20141008lunar_eclipse/index-j.shtml

◆次回のリレー記事は10月12日配信、担当は和泉さんです!◆

◆参考書籍◆
星ナビ2014年10月号
天文ガイド2014年10月号

佐藤大哲 について

会計部長。広報部Webコンテンツ担当。 関東支部、技術局所属。 活動初期から参加させていただいています。Twitterでよく見かけるかも!?

コメントを残す