第15回「天文イベントで交流!~ジュニアセッションに参加して~」

この記事は掲載から2年以上経過しています。情報が古いことも考えられますのでご注意ください。

社会局の川口祐樹です。さる3月18日から21日にかけて大阪大学で開催された日本天文学会の第17回ジュニアセッションを、口頭セッションとポスターセッションの実施された21日に見学してきました。

ジュニアセッションとは、中高生や高専生が天文学会年会の場で、天文や宇宙について観測したり研究したことを発表するものです。発表の内容は理解するのに専門的な知識を必要とするものもあって文系の僕には理解し難いものもありましたが、他の天体に行って調査する際に使用できるアイデアを提案している発表などはとても独創的で素晴らしいものがありました。

SPICAのメンバーが発表していたものの中には個人的にすごく興味を惹かれるものもありました。この場でその独創的なアイデアを披露することはできないので、この感動を共有することができないのは残念ですが、ジュニアセッションは1年に1度、春に開かれるイベントですので、宇宙のことに興味がある読者の皆さんは来年のジュニアセッションで同じ感動を共有しましょう。

見ているだけですごく刺激を得られると思うし、同じ年齢の人が発表しているのを見て今までになく宇宙のことを身近に感じることができると思います。

 

さて、今回は午後からのジュニアセッション見学に先立って、午前中はSPICAメンバーの有志が梅田に集まって交流会を開きました。

SPICAは全国にメンバーがいるので、交流会には遠方から来たメンバーも参加します。そんな彼らが普段どんなことをしているかを聞くととても刺激的です。

皆さんもSPICAのサイトの記事を読むだけでなく、実際にSPICAのメンバーになって宇宙好きの仲間や友達を増やしませんか? SPICAは常に新しいメンバーを求めています。

少しでも宇宙に興味があるのなら、高1だから、文系だから、などと遠慮することはありません!

是非SPICAに入って下さい!お待ちしてます!!

広報担当より追記

SPICAに興味を持たれたかた、入団を希望されるかたは、SPICA公式サイトをご覧ください。
http://www.spica.jp.net

コメントを残す